ポスト阿部が急浮上だ! 巨人が、10月22日のドラフト会議での上位指名候補に、トヨタ自動車・木下拓哉捕手(23)をリストアップしていることが7日、分かった。阿部慎之助内野手(36)の後継正捕手が決まらないなか、社会人ナンバーワン捕手に注目。東海大相模高・小笠原慎之介投手(17)、明大・高山俊(22)、青学大・吉田正尚(22)両外野手ら1位指名候補とともに直前まで検討を重ねる。

 「ポスト阿部」が最重要課題となっている巨人が、社会人ナンバーワン捕手に熱い視線を送っている。「巨人は阿部の後継捕手を新たに探している」と球界関係者が明かした。

9/8 サンケイスポーツ

巨人の2年前のドラフト1位 小林捕手の見切りが早いですね。

よほど投手からの評判が悪いのかもしれませんね。育成しようとしても、主力投手が投げにくいと言ってしまえば起用しにくいですから。

f:id:monkox:20150908233306j:plain

 

ロッテは高卒3年目の田村捕手を起用しながら育成しています。

チーム事情があると思いますが、巨人にはできないことですね。

 

巨人は育成ができないチームです。若い選手が活躍しても一時的でそこからレギラーとして出場しているのは坂本選手だけですから。そんな坂本選手も9年目の27歳。

過去には松本選手、橋本選手、大田選手、藤村選手、中井選手たちがブレイクしかけて消えました。ちなみに今年活躍の立岡選手はソフトバンクからの移籍選手です。

 

悪いことは言いません、小林選手の育成をあきらめるのならドラフトの枠を無駄使いせずFAで捕手を獲得しましょう。

 

puro.hatenadiary.jp